ライフキネティックで全て人の脳をより機能的に!!

ライフキネティック(Life Kinetik)は登録商標です。

☰ MENU
×

トップページ > 公認トレーナーについて

公認トレーナーについて

公認トレーナーになるには、
ライフキネティック公認講習会に参加し、修了する必要があります。公認マスタートレーナーが公認講習会で指導します。

トレーナー種別と講習費用について

※画像をクリックすると拡大します。

※契約期間は2年間です。
※継続を希望される場合は、2年後に更新のための講習会にご参加をお願い致します。
※更新講習会は、税別30,000円(テキスト料、教材、費用別途)で、更新講習日数は1日です。

公認ライフキネティックトレーナー種別

ライフキネティック公認トレーナーは、ライフスタイルに合わせた4つのライセンスからお選びください。
16歳以上の方でしたら受講いただくことが可能です。
それぞれ各々のトレーナーは追加ライセンス料等の支払いで、他種トレーナーライセンスを獲得できます。

1.パーソナルトレーナー(LPET)

パーソナルトレーナー(LPET)は、営利を目的として、顧客にライフキネティック指導をすることができ、自ら参加者を募集して、教室レッスンを開催することができます。
チームトレーナー資格に該当する範囲も実施希望の場合は、ライセンス料50,000円で追加ライセンスを取得いただくことで対応が可能です。
活動例:パーソナルトレーニング、定期的なグループレッスン、団体・チームなどへのトレーニング

2.チームトレーナー(LTET)

チームトレーナー(LTET)は、各チーム、スクール、施設や部活単位にて、登録をしていただき、登録いただいた範囲内でライフキネティックの指導ができます。
ライフキネティック指導を実施するチームを登録していただく必要があります。登録数は3 チームまでとなっています。登録変更はいつでも可能です。4チーム目以降は、追加のライセンスを取得いただくことで、登録可能です。
活動例:〇〇スクール、〇〇ディサービス、〇〇チーム、〇〇高校〇〇部

3.スクールトレーナー(LSCT)

スクールトレーナー(LSCT)は、幼稚園、保育所、小学校、中学校、高校、専門学校、大学など教育機関に通う幼児、生徒、学生に、正課授業の中でライフキネティックの指導ができます。
スクールトレーナーは、幼稚園・保育所・学校の職員が対象です。(在籍証明書が必要)
スクールトレーナーのライフキネティック実施場所は登録された学校校内です。一般の人を対象にしたライフキネティックの指導は出来ません。部活動でのライフキネティックの指導は、チームトレーナーの範囲となります。

4.クラブトレーナー(LCLT)

クラブトレーナー(LCLT)は、大手フィットネスクラブ・スポーツクラブ・総合型スポーツクラブなどが対象です。クラブや施設との法人契約になります。クラブトレーナーはクラブ職員が対象です。
対象施設は、2000㎡以上、または会員数1001名以上の施設となります。登録した施設での指導に限定され、指導する際の料金は自由に設定できます。

ドイツでは、4才以上から高齢者までの幅広い層が、ライフキネティックを楽しみながら効果を出しています。
子どもの学習能力向上・アスリートのパフォーマンス向上・高齢者の認知症予防など、日本においても、大きな効果を発揮すると考えられています。
ドイツ生まれの画期的なライフキネティックにチャレンジしませんか。

▲ページのトップへ

さあ、皆様もこの変革に参加しませんか。私たちとともに歩みましょう。

ライフキネティック(Life Kinetik)は登録商標です。

お問い合わせ

株式会社 ウェルネスディベロップメント ライフキネティック日本支部
〒103-0012 東京都中央区日本橋堀留町1-8-10 三ツ美ビル8F
TEL:03-5623-5870
FAX:03-5623-5871
Email:info@lifekinetik.jp

©ライフキネティック