ライフキネティックで全ての人の脳をより機能的に!!

ライフキネティック(Life Kinetik)は登録商標です。

☰ MENU
× MENUを閉じる

トップページ > 科学的検証の一例

科学的検証の一例

さまざまな機関や大学の測定データの調査と、すべての年代450人のアンケート評価をもとにした独自の調査から、以下の結果が明らかになりました。
週1回60 分のトレーニングメニューを12週間以上続けるトレーニングプログラムでは、最低でもここに挙げたうちの1つの分野で子どもでは97%、大人で91%改善しています!!! さらに大人においては、間違う確率が大幅に減少しています。

ミュンヘン連邦軍大学教育学部の研究論文

これまでにさまざまな機関が Life Kinetikの効果について検証してきました。
ドイツのノイビーベルクにあるミュンヘン連邦軍大学ではギュンター・ペンカ教授のもと、規格化されている測定法 (TDS システムおよび Posturomed (平衡能力測定装置)) を使用して Life Kinetikトレーニングの効果を、30人の被験者 (主にスポーツ学生) を対象に、平衡能力と、目と手の協応と目と足の協応について検証しました (Penka, 2009)。そしてその結果、被験者の直立平衡感覚が大幅に改善されたと証明されました (Posturomed での測定値が平均的に 145 % 上昇)。目と手の協応と目と足の協応課題での処理速度は 8.38 % ~ 11.32 % 増加し、課題が複雑になるほど大幅に改善されています。

ハイデンハイム商業職業訓練学校経済学部の認可研究における調査

2008 年、24 人の学生 (17 ~ 20 歳) のうち 16 人が段階的な授業を 3 週間で 9 コマ分受けました。第 1 段階は Life Kinetik で行われ、その後授業 1 コマごとに 5 ~ 10 分間行いました。結果は修了試験とアンケートをもとに集計されました。
「興味深いのは、授業中に行われる課題の結果。彼らは第 1 段階が終わった時点で成績が 1.8 (6 段階評価で 1 が最高) ととてもよい。クラスでの課題によく集中し、毎時間とてもモチベーションや興味が高く感じられた。しかし、この調査でさらに決定的だったのは、脳トレーニングに参加した学生グループが最終的に平均して 1.56 だったのに対して対照グループは平均 2.3 だったこと。この違いから、行動が中心の BWL 授業で脳トレーニングを行えば、学生の学習結果によい効果を与えることができると言える。このトレーニングを導入することで得られるその他の効果、集中力の増加や自主性などは、クラス課題では測定できなかったが、専門教師によれば各学生でよく観察できたということだ」

マークグラーフノイジーデル小学校におけるクラス内での Life Kinetik プロジェクト (オーストリア)

2008 年、8 歳の小学生 17 人に毎日 15 分間の Life Kinetik トレーニングを 4 週間やってもらいました (読み書き障害を改善するための特別練習)。結果はザルツブルク・リード・スクリーニング (SLS) にもとづいています。
「平均的に読む能力が 62 % 改善した。特に言えるのは、能力の低かった児童では能力が非常に上がり、もともと読む能力が高かった児童もそれらを上回ることができた。その他にも、クラスの担任教師は、どちらの児童の場合も集中力の持続時間が増えて作業テンポが上がったため、毎日 20 分の時間をとることは難しくなかったという。」

アスペルン小学校におけるクラス内での Life Kinetik プロジェクト (オーストリア)

2009 年、10 歳の小学生 24 人に、1 回 45 分の 12 つの Life Kinetik トレーニングメニューを 3 ヶ月間やってもらいました (毎週 1 メニュー)。結果はスペリングテストとザルツブルク・リード・スクリーニング (SLS) にもとづいています。
「読むテストでは、最初にテストを受けたときよりも大幅に早く文章が読めるようになり、間違う確率もわずかになった。正しく書くテストでも同様に、2009 年 5 月に行った 2 回目のテストのほうが良い結果になっている。間違いも少なくなり、参加した児童の 75 % は間違いが全くないか、1 つか 2 つであった。2009 年 1 月に行ったテストで見られたような 10個や 11個間違う児童はいなくなった」

ケルン大学人間科学部治療教育・リハビリテーション科の評価

2009 年、教育専門学校の 16 人の生徒のうち、10 歳の生徒 8 人に、15 種類 (各 20 ~ 30 分) の基本 Life Kinetik トレーニングメニューを 5 週間やってもらいました。比較として、他の生徒 8 人は特殊なスポーツ活動を行いません。結果は、文化自由知能テスト CFT 20-R、数連結テスト (ZVT) および注意負荷テスト d2 により算出しました。
「トレーニングを行ったグループは対照グループに比べ、文化自由知能テスト CFT 20-R と ZVT で学習成長が大幅に増加し、一部ではその大きさに目を見張るものがある。児童の集中力や注意力をテスト d2 で判断するのは不十分であった。それも、このグループテストの状況がほぼすべての児童には難しすぎ、どちらのグループも 2 回目のテストでは結果が悪くなってしまった。トレーニンググループはそれでも悪化の度合いは小さかった。ほぼすべてのテストで驚くべき結果が出てトレーナーが Life Kinetik トレーニングの効果を示したが、無作為試験が少ないので効果について決定的な答えを出すのは難しい。マイナスの効果はこれまでの研究では知られておらず、実験グループが 3 つの異なるテストで偶然よい結果を出したというのは考えにくい。」

ケルン大学人間科学部治療教育・リハビリテーション科の評価 (Heilpädagogische Forschung 1/2011 で発表)

ケルン大学は Dr. マティアス・グリュンケ教授のもと、9 ~ 12 歳の学習に問題のある児童 35 人を対象に、Life Kinetik で注意と流動性知能が向上するか調査しました (Grünke, 2011)。流動性知能は新しい問題を解決し、新しい状況に適応する能力です。ブリッケンカンプの注意負荷テストでは、対照グループの注意値は以前より悪くなったのに対し、Life Kinetik グループの注意値は 6 % 以上も上昇した、という重大な結果が出ました。この改善の度合いは、驚くことに効果量 (effect size) で 0.52 です。この調査では、どちらのグループも週 3 回 25 分間の追加トレーニングとして、Life Kinetik グループはLife Kinetik トレーニング、対照グループは動作ゲームのような非固有のスポーツを 5 週間以上行っています。
特に注目すべき結果は、オスヴァルト・ロットの数連結テストで見られ、効果量は 0.69 を示しました。Life Kinetik グループはスポーツグループに比べて知能指数が約 3 倍の 12.2 % も上昇したのです。測定した知能指数は、Life Kinetik グループにおいて、トレーニング前は平均以下の 78 だったにもかかわらず、5 週間後には通常範囲の 87 になっています。調査チームはその非常に高い効果量に唖然としました。Dr. マティアス・グリュンケ教授:「このような高い値が注意や流動性知能のトレーニングで出ることは異例で、普通はそんなに見られるものではない」

Saluto 保健スポーツ協会での試験的調査、ハレ (ヴェストファーレン)

ドイツの保健とスポーツの専門機関である SALUTO の Dr. エルマール・ヴィーネッケ教授は、12 ~ 17 歳の若く能力のあるゴルファー 14 人を対象に試験的調査を行い、心理的ストレス状況下でのコルチゾール放出と失敗の確率について Life Kinetik の効果を調べました (Wienecke, 2010)。結果は、コルチゾール測定と独自に開発した Flussstein テスト法で算出されました。厳しい科学的な条件を満たすには被験者の数が十分でなかったにもかかわらず、ヴィーネッケ教授とそのチームの発見は非常に興味のあるものです。教授は、毎週 60 分、3 ヶ月間の Life Kinetik トレーニングをしたグループでは最終的に比較グループの 2 倍以上失敗の確率が減ったことを示しました (23.75 % に対し 51.75 %)。
コルチゾール値は 2 日間の試合の間、Life Kinetik の介入の前と後、それに試合の開始時、最中、終了時に測定されました。ここでは、コルチゾール放出が試合中に 39 % 減少したことを示しています。

アウグスブルク大学哲学スポーツ科学学部スポーツ科学科、Dr. マーティン・ショルツ氏とクリスティアン・ハース氏の調査

アウグスブルク大学のクリスティアン・ハース氏は、9 ~ 10 歳の児童 42 人のうち 20 人に Life Kinetik トレーニングの 11 つのトレーニングメニュー (各 15 ~ 45 分) を 3 週間行ってもらいました (Haas, 2011)。2 つのバイエルン算数比較テスト 2005、2006 をもとに、児童の認知能力における Life Kinetik トレーニングの効果を検証しました。そこでは、Life Kinetik グループが 44.74 % 改善し、対照グループ (15.28 %) の約 3 倍になったことがわかりました。特に「算数の能力および複雑なコンテキストでの能力を使用する」、「演算とプロセスを結びつける」という分野で、Life Kinetik グループは平均以上の結果を出しました。これは非常に特徴的です。特に注目すべきは、両方のグループともテスト前はバイエルンの平均よりもかなり低かったことです (-17.8 % / -19.4 %)。しかしテスト後では対照グループが引き続き平均以下だったのに対し (-13.8 %)、Life Kinetik グループは平均を大きく上回りました (+9.8 %)。

フローリアン・フェルテス氏、実践的学校教員養成センター (ZfsL) (フェットヴァイス) での自身の第二次国家試験論文における調査

2011 年、小学校教員試補であるフローリアン・フェルテス氏は、実践的学校教員養成センター (ZfsL) (フェットヴァイス) での自身の第二次国家試験論文において、キパート・シリングの子ども向けボディコーディネーションテスト (KTK) とホルンによる学校・教育相談のための試験システム PSB-R 6-13 を使用して、11 ~ 12 歳の児童を対象に Life Kinetik の効果を運動能力と認知能力において調査しました (Feltes, 2011)。そこでは結び合わせる能力、リズムをつける能力、平衡能力、筋肉運動の協応における反応・置換え能力、認知の第一要因である空間的・視覚的課題、計算・数学的能力、記憶力、論理的推理、言葉を流暢にしゃべれること、言葉の関係性を正しく理解し解釈することについてテストしました。児童 53 人のうち 27 人は、4 週間毎授業日に、1 分間のウォーミングアップをした後、5 分間の Life Kinetik トレーニングを行いました。その結果、認知能力が繰り返し効果 (1.10 %) を差し引いて 15.30 % 以上も上昇した一方で、運動能力 (MQ) も同様に、繰り返し効果 (1.84 %) を差し引いて 16.56 % も向上したことがわかりました。

ドイツ体育大学ケルン認知・スポーツ試合研究科、パスカル・グラス氏のディプロマ論文における調査

ドイツ体育大学ケルンのスポーツ学生であるパスカル・グラス氏は、Life Kinetik トレーニングに関する自身のディプロマ論文で、ハンドボール選手の試合の作戦能力が明らかに上がることを発見しました (Gras, 2011)。そこでは、ポジションごとにペアを考えて選ばれた三部リーグのハンドボール選手 14 人のうち、7 人に各 1 時間の Life Kinetik トレーニングを 12 回、6 週間実施しました。ビデオテスト法と対話型投票システムを使用し、Life Kinetik グループは判断の質において明らかな特徴的を示し (4.76 % 以上、対照グループのちょうど 2 倍)、特に判断速度において明白な向上が見られた (31.39 % 以上、対照グループの約 3 倍) と結論づけています。

私営研究所 YourPrevention™ による Integraler Stress Test™ を使用した試験的調査

シュトットガルトにある研究所 YourPrevention™ は、2 つの試験的調査により参加者のストレスマネージメントにおける Life Kinetik の効果についてまとめました。どちらの場合も、Integraler Stress Test™ (統合型ストレステスト) を使用し、尿 / 唾液検査、脳機能テストおよび 3 日間の心拍数変動長時間測定によってさまざまな測定パラメータを集めました。1 つ目の調査では、17 ~ 57 歳 (平均 37.8 歳) の被験者 11 人に、各 60 分間の Life Kinetik トレーニングメニュー 12 種類を 12 週間実施しました。特に回復反応が参加者の 75 % で 32.49 % も上がったことがわかりました。そのほかに注目すべきは、Life Kinetik トレーニング最終日にすべての参加者のドーパミンレベルを検査したところ 17.73 % も増加していたことです。どうやら Life Kinetik はトレーニングの最中にドーパミン放出が増加するだけでなく、全体的にドーパミンレベルを高めるようです。参加者の 100 % は少なくとも 2 つの分野で改善が見られ、平均して9 つの分野で能力が 5.0 上がっています。2 つ目の調査では、29 ~ 57 歳 (平均 43.5 歳) の被験者 10 人が、就業時に 10 分間の Life Kinetik の運動休憩 (合計 60) を、訓練を受けた内部トレーナーとともに行い、3 ヶ月間続けました。目を引くのは、ストレス負荷 (ストレス要因、ストレス増幅要因およびストレス症状) が参加者の 56 % ~ 78 % で大きく減少したことです (24.9 % ~ 51.8 %)。燃え尽き症候群発症リスクも、参加者の 78 % で約 25 % も減少しています。参加者の 100 % で、最低 1 分野の値が増加し、平均して 9 つの分野で 4.9 値が上がりました。

ダルムシュタット工科大学クリスティアン・ロイス氏の修士論文における調査

クリスティアン・ロイス氏は自身の修士論文において、ダルムシュタット 98 の 12 歳の才能あるサッカー選手たちを対象に、その反応速度と注意力をブリッケンカンプの注意負荷テスト (d2-R) およびウィーン判断力テスト S16 により調べました。16 人中 8 人は各 30 分のトレーニングメニュー 15 種を 6 週間行いました。他の 8 人はこの時間、サッカーの技術練習をしてもらいました。その結果、Life Kinetik グループの注意力は対照グループの約 2 倍も上がったことがわかりました。反応速度は対照グループよりも約 50 % 上がり、対照グループも反応速度が増加しましたが、ミスの確率が増えてしまいました。Life Kinetik グループはミスの確率が約 50 %減少したのに対し、対照グループは 41 % 以上もミスが増えました。

2種類の電子式アンケートを使った Life Kinetik による試験的調査

イザールタール・セミナーセンターでの Life Kinetik 独自調査では、30 と 45 の質問からなる 2 種類の電子式アンケートを使用し、被験者の主観的評価の変化について調査しました。回答は、他の影響を十分に防ぐため、値があらかじめ決められていない無段階調整可能なバーにより行われました。最初のアンケートは主に仕事生活に関するものです。特に大きな改善が作業記憶 / 暗記力でみられ、参加者の約 80 % は約 14 % 向上しました。同じように、多くの被験者の集中力 / 判断の確実性において 10.34 % 向上しました。
すべての参加者は 5 分野中平均 3.4 分野向上が見られ、その効果量は 0.62 です。
2 つ目のアンケートは日常全体についてです。ここでは特に、参加者の約 80 % が 10 % 以上自信が増えたと評価しました。20 % 以上睡眠が改善されたと被験者の約 60 % が答えました。ストレス耐性も同様に、70 % 以上の参加者で 17 % 以上増加しました。このアンケートでも効果量は 0.62 と高く、すべての被験者において 8 分野中平均して 5.3 分野改善しました。

fitLight Trainer™ を使った Life Kinetik による試験的調査

同じ調査において、知覚および行動速度における Life Kinetik の効果について分析を行いました。そこでは、Fitlight トレーニングシステムの 8 つの LED センサーをパイプの柵に固定し、40 の点灯プロセスのうち 1 つの点灯順序をプログラミングしました。このトレーニングは点灯したライトを触るか上部にかざして可能な限り速く消灯させるというものです。1 つのライトが消灯するまでの最大時間は 5 秒と設定されています。ライトがこの時間内に消されない場合、システムにより失敗として評価されます。16 ~ 66 歳の被験者 39 人のうち、26 人には各 60 分間の Life Kinetik トレーニング 12 種を 12 週間行ってもらいました。そこでは、ライトを消すまでの時間と失敗の確率が算出されました。その結果、Life Kinetik グループでは 17.50 % も速くなり、対照グループ (9.56 %) の 2 倍の速さだったことがわかりました。効果量は 0.94 ととても高くなっています。さらに驚くことに、トレーニングの効果により失敗の確率においてその効果量は 1.01 にもなりました。対照グループは全く変化がなかったのに対し、Life Kinetik グループの失敗の確率は 65.38 % も減少しました。

▲ページのトップへ

さあ、皆様もこの変革に参加しませんか。私たちとともに歩みましょう。

ライフキネティック(Life Kinetik)は登録商標です。

お問い合わせ

株式会社 ウェルネスディベロップメント ライフキネティック日本支部
〒103-0012 東京都中央区日本橋堀留町1-8-10 三ツ美ビル8F
TEL:03-5623-5870
FAX:03-5623-5871
Email:info@lifekinetik.jp

©ライフキネティック